Microsoft、ARM版Windows 11でM1 Macをサポートしないと表明

みなさんこんにちは!
iPhone Doctor土浦店です☆

AppleはそれまでのIntelのx86アーキテクチャCPUの採用をやめ、Armアーキテクチャの独自チップであるM1チップを開発しMacに搭載しています。

Microsoft、ARM版Windows 11でM1 Macをサポートしないと表明

これによりMicrosoftのx86版Windowsが動作しなくなったのですが、代わりにARM版Windowsを仮想化ツール上で動作させる取り組みがおこなわれています。
しかしながら、MicrosoftはM1 Macを公式にサポートすることはないと述べ、ARM版WindowsがM1 Macをサポートするかもしれないという期待に水を差しました。
これは、Microsoftの広報担当者がThe Registerに語ったものです。
それによると、AppleのM1チップ上でWindows 11を動作させることは「サポートされるシナリオではない」とされています。
M1 Mac上で直接Windows 11を実行するのはもちろん、Parallelsなどの仮想化ツールを介しての動作も同様とのことです。
The Registerによると、Windows 11の開発者チャンネルであるWindows Insiderビルドの最近アップデートにより、M1 Mac上のParallelsで動作させたWindows 11にハードウェア互換性エラーが発生したとのことです。
Parallelsはこの問題に対してパッチをリリースし、差し当たってエラーは解決しています。
しかしながら、今後もMicrosoftはApple Siliconを搭載したMac上の仮想ツールでWindowsが動作しないよう方法を模索する可能性があり、それに対して仮想ツールメーカーが対策を打つようないたちごっこになるかもしれません。
Windows 11は2021年10月5日の提供開始が予定されています。
また、M1チップの後継であるM1Xを搭載したMacBook Proの発売が近いといわれています。

ユーザーからみれば「なんで?」かもしれませんが、企業からしたら当然ですよね。
わざわざライバル企業のOSをサポートするメリットもないですし。
それぞれが切磋琢磨してそれぞれを伸ばしていくのが本来のあるべき姿でしょうね。

iPhone Doctor土浦店でした!

【お気軽にお問い合わせください】
〒300-0037
茨城県土浦市桜町1-6-14TRSビル2階
029-886-9084
https://iphone-station.com/tsuchiura
↓こちらのブログも毎日更新中!
https://ameblo.jp/iphonedr-tsuchiura
↓Instagramもあります
https://www.instagram.com/loveiphone_doctor/